読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大手キャリア担当が腰を抜かす!格安SIMが激安!あのLINEがついに参入です!

f:id:hatetens:20160906164946p:plain

LINEは今月5日に、格安スマートフォンスマホ)サービスを発表しました。

9月5日から先着2万契約まで先行販売を開始し、正式サービスは10月1日から始まります。

注目すべき点とは?

・月額500円でLINEトーク・通話が使い放題で通信量1GB「LINEフリー」プラン
8機種スマホを選ぶことができる

料金プランは月額500円から

料金プランは最安500円/月でLINEトーク・通話が使い放題で通信量1GBのデータ専用プラン「LINEフリー」プランが提供されます。

f:id:hatetens:20160906164951p:plain

別途、契約プランがあり、追加料金を払うことでSMS、音声通話付き契約にすることができます。

f:id:hatetens:20160906164953p:plain

SMS付きの場合は月620円、音声通話付きの場合は月1200円です。

 

通信量が3GB以上のプランは「コミュニケーションフリー」プランとなり、LINEとは別にTwitterFacebookの基本的な通信も使用し放題となります。

f:id:hatetens:20160906164955p:plain


最安で月1110円(SMS付き)ですが、音声通話付きプランは追加料金がかかります。

コミュニケーションフリーの詳細は下記のような料金体系となります。

f:id:hatetens:20160906164953p:plain

本体は8機種

f:id:hatetens:20160906165003p:plain

スマホとのセット契約で購入できる端末は、すでに各社から発売されているSIMフリースマホとなります。
1万円台の低価格モデルから3〜4万円台のミドルクラス、ミドルハイクラスの端末、タブレット端末も用意されている。

今後はSIMフリースマホを販売する各社より日本向け新モデルの発表が想定されます。

格安スマホ料金の比較は難しですが、LINEモバイルが他者サービスと比べて特別安いわけではありません。
今回の目的としては、スマホ利用者の拡大をすることです。

日本のスマホ普及率は5割で、米国、英国のように7~8割の所有率を目指しています。

LINE利用者は6月末で6200万人に達し伸びが鈍化しています。

スマホ利用者の約9割以上の人がLINEを利用しています。

LINE利用者の拡大にはスマホ普及率を更に引き上げることが必要となってきます。

ターゲットとしては、LINE利用者の家族です。
子供が有害サイト閲覧を閲覧しないように制限するフィルタリングサービスはすべてのプランに無料提供します。

通信について

f:id:hatetens:20160906165005p:plain

通信については、LINEモバイルの一番の特徴である使い放題ですが、このサービスを提供するには個人の通信内容を把握する必要があります。
もし、何の手続きもなしにこの使い放題のサービスを提供すると、日本国憲法および電気通信事業法によって保障されている通信の秘密の権利を侵害することになってしまいます。

この点については、NTTドコモの回線を借り受けてMVNO向けの設備インフラを提供するNTTコミュニケーションズと連携することにより、解決しています。

最後に

LINEモバイルならではのサービスとして、下記のサービスがあります。

f:id:hatetens:20160906165001p:plain

今月はiPhoneのイベントもありスマホ業界から目がはなせないです。

 

参考)LINEモバイル サービス詳細発表会 – LINE LIVE

   日本経済新聞 朝刊 2016.9.6